芝草・芝生管理機器のお知らせ

HOME » 製品案内 » 芝草・芝生管理機器 » 芝草・芝生管理機器のお知らせ »  2016年11月最終週に行われた、LPGAツアーチャンピオンシップ「リコーカップ(宮崎CC)」、JGTOツアー「カシオワールドオープン(Kochi黒潮CC)」にシバウラグリーンモアが活躍!

2017年1月20日
株式会社IHIシバウラ

2016年11月最終週に行われた、LPGAツアーチャンピオンシップ「リコーカップ(宮崎CC)」、JGTOツアー「カシオワールドオープン(Kochi黒潮CC)」にシバウラグリーンモアが活躍!

毎年11月最終週に宮崎で行われ、日本女子プロゴルフメジャー大会の1つであるリコーカップは、一年間の締めくくりの大会でもあり、201年ツアー優勝者および賞金ランキング25位以内の選手のみが参加できる。この大会で優勝すると女子プロゴルフ大会3年間のシード権が与えられ、翌年の全英女子オープンの出場が与えられるなど、注目の集まる大会である。このメジャー開催コースで、昨年からシバウラのグリーンモアG-EXEが活躍している。

大会関係者や女子プロ選手からは、「これまでにないボールの転がりで、高麗グリーンのなかでも最高の出来上がりだ」と好評であった。

高麗グリーンはベントグリーンに比べ、刃が硬く芝目によってボールの転がりが変わる。しかし昨年からG-EXEを使用することで、均一な刈り上がりと低がりが可能となり、ベントグリーンに近いボールの転がりが可能となった。また、シバウラスタッフがバーンハード研磨機によるサポートを行い、より鋭利な状態で芝をカッティングすることで、これまでにない最高の美観と高速グリーンで大会を終えることができた。

また、同週に行われたカシオワールドオープン(Kochi黒潮CC)は、日本ゴルフツアー機構(JGTO)公認のトーナメントで最終戦から2番目に位置する大会。池田勇太選手と谷原秀人選手の熾烈な年間賞金争いで注目される大会となった。

このカシオワールドオープンにも、昨年から全グリーンモアがシバウラ製となり、G-EXEG-FLOWが使用されている。G-FLOWはアンジュレーションへの優れた追従性を発揮するフローティング方式を採用したグリーンモアで、Kochi黒潮CC特有の大きなアンジュレーションに適応している。Kochi黒潮CCでも宮崎CCと同様、シバウラスタッフがバーンハード研磨機によるサポートを行い、最高のグリーンコンディションで大会を終了した。

シバウラグリーンモア G-EXE / G-FLOWは、世界唯一のオフセット移動システムで、使う場所・使う人・使う目的によって最適なグリーン管理が可能となる。トーナメント開催コースは高度なグリーン管理が要求され、シバウラのグリーンモアはこれらの要求を確実に解決してくれる。シバウラの技術が、日本そして世界のゴルフコースを変えていく。

今後もIHIシバウラは、管理機械を通じ世界のゴルフシーンを支えていきます。

世界のゴルフシーンを支えるIHIシバウラ製品
ウルトラハイカットグリーンモア G-EXE22 / G-EXE26
フローティングモア G-FLOW22
バーンハード研磨機

芝草・芝生管理機器のお知らせ


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別バックナンバー