芝草・芝生管理機器のお知らせ

HOME » 製品案内 » 芝草・芝生管理機器 » 芝草・芝生管理機器のお知らせ »  ワールドカップロシア大会、開催スタジアムでシバウラSR370が活躍!

2017年7月 5日
株式会社IHIシバウラ

ワールドカップロシア大会、開催スタジアムでシバウラSR370が活躍!

2018 FIFAワールドカップ(2018 FIFA World Cup)は、東ヨーロッパでは初となるロシアで2018年6月より開催される。

この大会で2014年ソチ・オリンピックの開閉会式にもなった、ソチ・オリンピックスタジアム(Sochi Olympic Stadium・収容予定人数は4万人・愛称はフィシュト)で、シバウラ乗用4輪3連リールモア【SR370】が日本より輸出され活躍している。

ロシアでも高品質で壊れにくいというメイド・イン・ジャパンの高い評価と、シバウラ独自のリール構造による刈り上がりの美しさを背景に「シバウラは日本を代表するリールメーカーということもあり、メイド・イン・ジャパンのブランディングに徹底してこだわり、開催スタジアムに推進してきた」とUnisaw社(ロシア代理店)。その評価が認められ、今回のソチ・オリンピックスタジアム導入となった。

ソチ・オリンピックスタジアムのほか、Training Fields of Krasnodar Region(公認練習場)にも同機種は納品され、シバウラの技術が「最高の夢舞台:ワールドカップ」を支えていく。

今後もIHIシバウラは、芝草管理機械を通じて、世界のスポーツシーンを支えていきます。

世界のスポーツシーンを支えるIHIシバウラ製品
乗用4輪3連リールモア SR370

芝草・芝生管理機器のお知らせ


2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別バックナンバー