ニュースリリース

HOME » ニュースリリース »  ディーゼルエンジン生産累計250万台を達成

2013年11月 6日
株式会社IHIシバウラ

ディーゼルエンジン生産累計250万台を達成

当社は、当社およびパーキンス社との合弁会社3工場で生産しているディーゼルエンジンが本日、1961年の生産開始以来52年で、累計250万台を達成いたしました。

本日 松本工場において記念式典を開催され、パーキンス社、取引先や従業員ら約200人が出席いたしました。

記念式典で代田社長は、「250万台の達成は、このエンジンを使っていただいているお客様、供給先のパートナーをはじめ皆さまの絶大なご支援によるものであり、また社員一同の協力もあってこそ本日を迎えることができ、心より感謝申しあげます。今後もさらなる成長を目指し、お客様や社会のために日々努力していきます」と挨拶しました。

<ディーゼルエンジン生産の歩み>
1961年:西ドイツ Mannheim社と技術提携を結び生産を開始
1985年:英国パーキンス社にディーゼルエンジンの供給を開始
1995年:英国パーキンス社との合弁会社PSELで、生産を開始
2002年:生産累計台数 100万台を達成
2004年:北米にパーキンス社との合弁会社PSEAで、生産を開始
2008年:中国にパーキンス社との合弁会社PSEWで、生産を開始
2013年:生産累計台数 250万台を達成

以上