オゾンでウィルス対策

HOME » 製品案内 » 環境機器 » オゾンでウィルス対策 » オゾンによるウィルスへの対応

オゾンによるウィルスへの対応



■ ウイルスに対するオゾンの分解・ 除去効果 ■


当社にてウイルスへのオゾンガスの効果を確認するため、 付着したウイルスを対象として、オゾンガス暴露試験を実施しました。プラスチックシャーレに付着・乾燥させたウイルスに対して、99. 999%以上の分解・除去効果が確認できました。



■ 空気感染への対応 ■



ウイルスは、 水分が蒸発して小さな粒子となり、長時間空中に浮遊します。これを吸い込むことによって感染する可能性があります。 人がいるときに空気清浄器を設置し、 空気中のウイルスを低減させます。(当社からのご提案)

 

 



室内への空気清浄の適用



空気感染
ウイルスを含んだ飛沫の水分が蒸発して、さらに小さな粒子である飛沫核となって、空気中に浮遊し、その浮遊した粒子を吸引することにより、 感染するものです。この微粒子は、長時間に渡って空気中に浮遊するため空気の清浄化が必要となります。



■ 接触感染への対応 ■


ウイルスが付着した場合は、接触物(机、電話、ボールペン、ドアノブなど)が感染源となると考えられています。そこで、 人がいないときに、オゾンガスを室内に放出し、 室内の壁や物に付着しているウイルスを分解・ 除去します(当社からのご提案)

 



室内へのオゾンガスくん蒸の適用



接触感染
皮膚と粘膜の直接的な接触、あるいは人の手などの中間物を介しての間接的な接触による感染します。具体的には、 感染者が、咳、鼻水などが付着した手で、 机、電話機、ボールペンなどを触ると、その接触部位にウイルスが付着します。 その部位に、他の人が触れると、その人の手に付着、その付着した手で粘膜(目、口、鼻など)を触ることにより、ウイルス感染が起こります。

 




■ 隔離への対応 ■



建屋内にある隔離可能な会議室などに空気清浄器を設置し、 空気中のウイルスを低減させます。 (当社からのご提案)

 

 



隔離室内への空気清浄の適用



 




発症の疑いのある者が退室後、室内をオゾンガスによりくん蒸します。(当社からのご提案)

 

 



退室後の隔離室内へのオゾンガスくん蒸の適用

 

 

 


特に当社専用簡易隔離陰圧テントと陰圧生成用空気清浄器との組合せれば、 簡便に陰圧空間を作りだすことができます。(当社からのご提案)

 

 

当社専用機による簡易隔離室への適用

 



■ 患者搬送への対応 ■


患者に周囲へのウイルス飛散防止用マスクをつけ、 体表面を覆い、患者収容袋にて搬送します。
搬送した車両は、車内が汚染される可能性があるため、搬送終了後、オゾン発生器を用いて、 車内をオゾンくん蒸します。(当社からのご提案)

 

 

 


オゾン発生器による車内のオゾンくん蒸

 

オゾンでウィルス対策


新型インフルエンザについて


ウィルス対策関連製品


その他


月別バックナンバー

環境機器のご案内

IHIシバウラ
機械事業本部 営業部
環境・制御機器営業グループ

〒135-6009
東京都江東区豊洲3-3-3
豊洲センタービル9階
TEL 03-5859-5012