オゾンでウィルス対策

HOME » 製品案内 » 環境機器 » オゾンでウィルス対策 » ウィルス感染対策に関するお知らせ » インフルエンザの最新流行状況(2010年第47,48、49週)

インフルエンザの最新流行状況(2010年第47,48、49週)
2010年12月23日

国立感染症研究所では、2010年12月17日に、2010年第49週(12月6日~12月12日) の最新インフルエンザ流行状況を発表しました。今週の定点当りの報告数は、0.93(先週0.70)となり、第42週以降増加しています。 以下の表は、当該研究所発表データから、最近の流行傾向をまとめたものです。

インフルエンザの流行状況

 

47週

48週

49週

定点あたり報告数

0.44

0.70

0.93

患者報告数

2,113

3,333

4,480

警報レベルを超えている保健所

1箇所
(1道)

1箇所
(1道)

2箇所
(1道)

注意報レベルのみ保健所

1箇所
(1道)

4箇所
(1道、1県)

5箇所
(1道、2県)

   国立感染症研究所インフルエンザ流行レベルマップから作成

都道府県別の報告数として、取りまとめたものを以下の表に示します。警報レベルを超えている保健所地域が北海道において、 2箇所認められました。また、今回注意報レベルのみを超えている保健所地域は、5箇所(北海道3、佐賀県1、長崎県1)認められており、 増加傾向にあります。

都道府県別の定点当り報告数

 

47週

48週

49週

1

北海道(2.43)

北海道(3.82)

佐賀県(4.87)

2

大分県(1.31)

佐賀県(2.41)

北海道(4.48)

3

沖縄県(0.88)

長崎県(2.00)

長崎県(3.74)

4

岐阜県(0.83)

大分県(1.33)

埼玉県(1.93)

5

宮崎県(0.83)

埼玉県(1.30)

大分県(1.91)

6

山梨県(0.78)

鹿児島県(1.26)

沖縄県(1.45)

7

佐賀県(0.77)

沖縄県(1.14)

宮城県(1.36)

8

埼玉県(0.69)

群馬県(1.06)

福島県(1.33)

   国立感染症研究所インフルエンザ流行レベルマップから作成

直近の2010年第44~48週の5週間では、インフルエンザウイルスの検出は、AH3亜型(A香港型)の割合が最も高くなっており、 次いでAH1pdm、B型の順となっています。
詳細情報は、次のWEBサイトで見ることができます。

国立感染症研究所>更新情報>インフルエンザ流行レベルマップ
https://hasseidoko.mhlw.go.jp/Hasseidoko/Levelmap/flu/2010_2011/2010_49/jmap.html

国立感染症研究所>更新情報>インフルエンザ
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/index.html

関連キーワード

オゾンでウィルス対策


新型インフルエンザについて


ウィルス対策関連製品


その他


月別バックナンバー

環境機器のご案内

IHIシバウラ
機械事業本部 営業部
環境・制御機器営業グループ

〒135-6009
東京都江東区豊洲3-3-3
豊洲センタービル9階
TEL 03-5859-5012